天気予報

14

4

みん経トピックス

根岸で戦前のフィルム上映会落語ゆるキャラ「はなしか」

デスメタルアパレルブランド「デスバイメタル」、デスメタルギャラリーが立ち上げ

デスメタルアパレルブランド「デスバイメタル」、デスメタルギャラリーが立ち上げ

ガレリアデムエルテのデスメタルアパレルブランド「DEATh BY METAL(デスバイメタル)」のTシャツ

写真を拡大 地図を拡大

 東上野にあるアートギャラリー「galeria de muerte(ガレリアデムエルテ)」(台東区東上野3、TEL 03-3835-8278)は6月6日、デスメタルをテーマにしたアパレルブランド「DEATH BY METAL(デスバイメタル)」を立ち上げ販売を始めた。

デスメタルTシャツを着る2人の女性

 CD・レコードの輸入販売と並行してヘビーミュージックに関連したアパレル商品を多数リリースしてきた同ギャラリー。「エクストリームミュージックリスナー、アートファン、ファッションフリークスに向けて」オリジナルブランド「DEATH BY METAL」を立ち上げた。

 コレクション第1弾として、イギリスのスケートボーダーでイラストレーターの「FRENCH」さんや数多くのメタルバンドのCDジャケットを手掛けてきた「Mark Riddick」さんなど、アメリカやスペイン、スウェーデンなどのアーティスト6人による「デスメタル」をテーマにデザインしたオリジナルTシャツを限定販売する。価格は4,200円で、販売数は各66枚。

 「666の数字や『DEATH METAL』という言葉にこだわりブランドの世界感を表現した」と同店オーナーの関根成年さん。6日にはリリースパーティーを開催。ドレスコードをデスメタルTシャツか上下黒の服装とし、参加者はお気に入りのバンドTシャツを着てにぎわった。

 関根さんは「これをきっかけに、普段聴かない音楽のジャンルに興味を持ってもらえたり、アーティストの活動を追ってもらえたりできればうれしい」と話す。

 営業時間は13時~19時。水曜・日曜定休。展示&受注会は今月16日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

東京国立博物館で初の「アイデアソン」 外国人の記憶に残る文化体験をテーマに 2日目に行われたトークショーの様子。(左から)進行の佐藤尚之さん、審査員のサッシャさん、橋本麻里さん、暦本純一さん、松本伸行副館長。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング