天気予報

30

22

みん経トピックス

科博で恐竜博2016上野公園で花見の準備

「カシオペア」最終運行まであとわずか 3月19日ラストラン

「カシオペア」最終運行まであとわずか 3月19日ラストラン

3月19日に下り列車最終運行となる寝台特別急行列車「カシオペア」

写真を拡大 地図を拡大

 JR上野駅で現在、3月19日に下り列車最終運行となる「カシオペア」を一目見ようと、鉄道ファンがJR上野駅の13番線ホームに集まっている。

 「カシオペア」は上野-札幌間を結ぶ寝台特別急行列車で1999年7月16日に運行開始。1988年3月から運行されていた寝台特急「北斗星」、「トワイライトエクスプレス」のサービスをさらに高水準化しようと全客室を2人用A寝台個室としたE26系客車を投入し、デラックスな客室や、食堂車ではフランス料理や懐石料理も提供するなど「夢の豪華寝台」として人気が高かった。

 E26系客車は1編成しかないため、原則として下りの上野発は火・金・日曜のみに運行される臨時列車であったこともあり、寝台指定券は発売日に売り切れることが多かった。

 北海道新幹線開通に伴う青函連絡トンネルの架線電圧変更で、寝台列車を引く機関車が対応できないことから廃止が決定。最も多い時期には一晩で40本以上あった上野発の夜行列車が完全に姿を消すことになった。

 カシオペアのファンという女性は「このホームから北へ出発する夜行列車には帰省するときにお世話になっていた。いつか豪華寝台のカシオペアに乗りたいと思っているうちに廃止と決まってしまい、最後のチケットも取ることず、せめてもと出発の雰囲気を味わいに来た。ぜひ、季節運行でもよいので復活させしてほしい」とコメントした。

 最終列車は3月19日16時20分上野発、3月20日札幌発の上り列車は21日上野駅着9時25分となる。

グローバルフォトニュース