天気予報

14

4

みん経トピックス

上野発デスメタルレーベル上野の桜、今週末見ごろに

東京国立博物館で「阿修羅展」始まる-海洋堂の「阿修羅フィギュア」も

東京国立博物館で「阿修羅展」始まる-海洋堂の「阿修羅フィギュア」も

ホールの中心にライトアップされ設置された阿修羅像。360度の角度から観覧できる。

写真を拡大 地図を拡大

 奈良の興福寺の創建1300年を記念した展示「国宝 阿修羅展」が3月31日、東京国立博物館(台東区上野公園内)で始まる。

 同展は阿修羅をはじめとする八部衆像、十大弟子像、中金堂基壇から発見された鎮檀具、再建予定の中金堂に安置される仏像など約70点と、法隆寺の阿弥陀三尊像と厨子2点を展示する。

 「阿修羅が東京で展示されるのは約半世紀ぶりで、360度の角度から観覧できることは滅多にない」(同展広報担当者)。前日となる同30日には内覧会が行われ、ホールの中心でライトアップされた阿修羅の周りには人だかりができた。

 売店では、海洋堂が企画・制作した12分の1スケールの阿修羅のフィギュア(2,980円)や、阿修羅をモチーフにしたTシャツ(2,500円~)など、阿修羅関連のグッズを多くそろえる。

 開館時間は9時30分~18時(金曜・土曜・日曜・祝日は20時まで)。入館料は、一般=1,500円、大学生=1,200円、高校生=900円、中学生以下無料。月曜休館。6月7日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

東京国立博物館で初の「アイデアソン」 外国人の記憶に残る文化体験をテーマに 2日目に行われたトークショーの様子。(左から)進行の佐藤尚之さん、審査員のサッシャさん、橋本麻里さん、暦本純一さん、松本伸行副館長。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング