天気予報

18

5

みん経トピックス

アメ横「ローメン」56年目上野に琉球料理と梅酒居酒屋

脳波のシンクロ率で相性診断-「雑魚と雑魚と谷と田と」が新作アプリ公開

脳波のシンクロ率で相性診断-「雑魚と雑魚と谷と田と」が新作アプリ公開

「雑魚と雑魚と谷と田と」が開発した脳波を使った相性診断アプリを試すカップル

写真を拡大 地図を拡大

 音楽や映像、拡張現実(AR)アプリ開発を行うユニット「雑魚と雑魚と谷と田と」は11月3日と6日、浅草橋天才算数塾(台東区浅草橋2)で脳波アプリを展示した。

「雑魚と雑魚と谷と田と」のメンバー

 栗原芳己さん、平野真章さん、ウガジンタケシーさんの3人が「雑魚と雑魚」の名義で、ユニークな映像や音楽、コンピューター用のアプリケーション開発などを行っている同ユニット。今回、サウンドミキサーの津田賀央さんと、プログラマーの谷口直嗣さんを迎え、「雑魚と雑魚と谷と田」として脳波を使ったアプリケーションを開発した。

 アプリケーションは、恋人同士の脳波を測定し相性診断を行うもの。最初に2人並んで写真を撮影。次に脳波を測定するマインドセットという機械を頭に装着し、2人同時に同一のにおいや写真、音楽を聞かせ、2人の脳波のシンクロ具合により相性を診断する。恋人がいない人のために俳優や女優、モデル、アニメキャラクターなどのお面も用意し、気に入ったものを選択し相手にかぶせて撮影することもできる。

 津田さんは「脳波は誰でも持っているもので、スケーラビリティに優れている。いずれ来るであろう脳波市場は未開拓で可能性がある。自らが市場を作っていきたい」と意気込む。「脳波や超能力という言葉はうさんくささがあるところも魅力の一つ(笑)」とも。

 次回の公開は未定。「声掛けしてもらえれば喜んで展示する」(同ユニット)という。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

東京国立博物館で初の「アイデアソン」 外国人の記憶に残る文化体験をテーマに 2日目に行われたトークショーの様子。(左から)進行の佐藤尚之さん、審査員のサッシャさん、橋本麻里さん、暦本純一さん、松本伸行副館長。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング