天気予報

13

4

みん経トピックス

カナダからスマトラトラ来園スマートフォンで博物館ナビ

西郷隆盛像、59年ぶりに上野の街見下ろす-商業ビル建て替え工事完了まで

西郷隆盛像、59年ぶりに上野の街見下ろす-商業ビル建て替え工事完了まで

上野ヨドバシカメラ前から見える西郷隆盛像

写真を拡大 地図を拡大

 上野駅前の商業ビル「西郷会館」(台東区上野公園)の建て替え工事が行われており、このビルに隠れて従来見えなかった西郷隆盛像が現在、上野の街から見えるようになっている。

59年ぶりに上野の街を見下ろす西郷隆盛像

 ファミリーレストラン「聚楽台」などが出店していた「西郷会館」に阻まれて上野の街からは見ることができなかった西郷隆盛像。1952(昭和27)年に建設された西郷会館の建て替え工事により建物が壊されたことから、約59年ぶりに西郷像が上野の街を見下ろしている。

 同建物を管理する上野広小路商業協同組合は「新しい建物の完成は来年7月を予定しているが、上野の街から西郷像が見えるのは建物が完成するまでの期間限定」と話す。

 上野公園の西郷隆盛像は高村光雲作。西郷隆盛の死後21年目となる1898(明治31)年12月18日に全国からの寄付金と宮内省からの下賜金によって建立された。身長は370.1センチ、胸囲は256.7センチ、足の大きさは55.1センチ。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

東京国立博物館で初の「アイデアソン」 外国人の記憶に残る文化体験をテーマに 2日目に行われたトークショーの様子。(左から)進行の佐藤尚之さん、審査員のサッシャさん、橋本麻里さん、暦本純一さん、松本伸行副館長。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング