天気予報

30

22

みん経トピックス

上野駅に地産品店「のもの」上野に専門店複合居酒屋

「谷中のら猫ラプソディー」、定期上映始まる-毎月ニャンニャンの日に

  • 0
「谷中のら猫ラプソディー」、定期上映始まる-毎月ニャンニャンの日に

「谷中のら猫ラプソディー~だんだん猫10年の記録~」のワンシーン

写真を拡大 地図を拡大

 谷中・戸野廣浩司記念劇場(台東区谷中3、TEL 03-3823-1481)で2月から、谷中の野良猫を撮影したドキュメンタリー映画「谷中のら猫ラプソディー~だんだん猫10年の記録~」の定期上映が始まる。

「谷中のら猫ラプソディー」のポスター

 昨年、同劇場で行われた上映会が好評を博したことを受け、「ニャンニャンの日」となる毎月22日に上映する。同作品は谷中・夕やけだんだんに住む地域猫たちを10年にわたって追い続けたもので、昨年6月の初上映から今年1月までの間に5回の上映会を開き、これまでに400人以上の観客を動員した。

 客の反応について、制作を手掛けた伊藤さんは「特に女性客を中心に好評を得ている。映画で描かれるのら猫や、その世話をする人々を通して、命のはかなさや人情の温かみに感動していただいている」と話す。「毎月22日は谷中散策のスケジュールに加えていただきたい。見終わった後にはぜひ、夕やけだんだんに立ち寄ってもらえれば」とも。

 上映会開始前には、伊藤さんが日本各地の地域猫を撮影した小作品を上映。本編終了後にも「その後のだんだん猫たち」として、夕やけだんだんの猫たちの様子を撮影した最新のフィルムを上映する。「映画完成後、いなくなってしまったり、新たに加わったりした猫もいる。近くに住む飼い猫がけんかを吹っかけるようになるなど、コミュニティーの中でも変化が見られている」と伊藤さん。

 上映開始時間は10時、12時30分、15時、17時30分、20時の5回。料金は500円。来年2月までの上映が決まっている。

グローバルフォトニュース