天気予報

27

20

みん経トピックス

「したまちコメディ映画祭」日暮里に放射能測定所

上野・アメ横に鯨肉専門店「鯨南本舗」-16種類の鯨肉扱う

  • 0
上野・アメ横に鯨肉専門店「鯨南本舗」-16種類の鯨肉扱う

「鯨南本舗」の南原社長(右)と樋口店長

写真を拡大 地図を拡大

 JR御徒町駅北口近くアメ横入口の高架下に2月24日、鯨肉専門店「鯨南本舗(げいなんほんぽ)」(台東区上野6、TEL 03-5812-1299)がオープンした。

ブロックで販売する鯨肉

 化粧品店や時計店などが並ぶ高架下の2坪の空間に冷蔵庫を並べ、鯨肉の赤肉やベーコンなど16種類を販売する。扱う鯨は調査捕鯨の対象となった「ナガスクジラ」と「ミンククジラ」の2種類。

 扱う鯨肉は「牛肉に似ている味」(同社)という「ナガスの赤肉」(100グラム=380円)、「癖が少なくマグロの味に似ている」という「ミンクの赤肉」(同=380円)。ナガスクジラの尾である「尾肉」(100グラム=2,800円)や、ミンククジラの顎部分にあたる「鹿の子」(同=1,800円)、ミンククジラの「心臓」(同=380円)など、鯨の体の食べることができる部位のほとんどを扱う。

 南原社長は「扱う鯨肉は最高ランクのもので、効率は悪いが味と質が高くなる昔ながらの製法でベーコンを作っている。スーパーとは違いブロック単位で販売もしているのも強み」と話す。

 出店先を最終的に築地と上野で迷ったが、鯨肉専門店が無い上野に決めたという。「上野はプロから個人までいろいろな人が集まる。ある地方の方から、その土地独特の調理法を教わったこともあり、情報収集もできて良い場所。上野に出店した以上、築地には負けないよう頑張りたい」と意気込む。「鯨肉の食べ方や調理方法などは気軽に聞いてほしい」とも。

 営業時間は10時~20時。水曜定休。

グローバルフォトニュース