天気予報

20

13

みん経トピックス

千駄木にイタリアン酒場上野公園にスターバックス

千駄木・へび道に「塩沢紬」の専門店「つむぎ」-織元3代目が開く

  • 0
千駄木・へび道に「塩沢紬」の専門店「つむぎ」-織元3代目が開く

千駄木にオープンした塩沢紬の専門店「つむぎ」

写真を拡大 地図を拡大

 千駄木・へび道近くに4月8日、塩沢紬(しおざわつむぎ)の専門店「つむぎ」(文京区千駄木2)がプレオープンした。

 塩沢紬は新潟県南魚沼市で江戸時代からの歴史を誇る伝統工芸。同店では、「本塩沢」と呼ばれる最高級の反物や、絹糸でつくられたショール、反物の端切れから作られた和風雑貨などを取り扱う。

 店主の酒井智子さんは塩沢紬の織元である酒井織物の3代目。「多くの人に塩沢紬の良さを知ってもらいたいという気持ちから店を開いた」と話す。千駄木への出店理由については、「古き良きものを大事にする街の雰囲気に魅力を感じた。今後はカフェの開設や、作家ものの和雑貨の取り扱いなどをしながら、さまざまな人が集える場所を目指したい」と意気込む。

 織元の3代目として育ってきたものの「織物の世界があまり好きではなく、絶対に関わることがないだろうと思っていた」という智子さん。しかし、昨夏に故郷を襲った水害がその考えを変えた。「実家も床上まで浸水してしまったものの、両親は『織物を死ぬまで続ける』と語っていた。その意志を聞き、何か手伝わなければと思った。東京で店を運営することで、お客さまだけでなく、両親の力にもなることができれば」と、その思いを語る。

 智子さんの父で2代目の武さんは「職人は一般消費者の声を聞くことはほとんどなく、こうした店で消費者の声を直接聞けるのはとてもいいこと。無鉄砲な若者にしかできない」とほほ笑む。母の春江さんも「店があると紬を作る上でもやる気が出てくる。娘がこの世界に携わってくれるのはとてもうれしい」と喜びの表情を見せる。

 営業時間は10時30分~18時。土曜・日曜のみ営業。

グローバルフォトニュース