天気予報

15

7

みん経トピックス

上野で「パンダ大使」募集上野でバリアフリー絵本展

上野動物園で「夜の動物園」-20時まで延長、パンダは19時45分まで

  • 0
上野動物園で「夜の動物園」-20時まで延長、パンダは19時45分まで

昨年実施された上野動物園「真夏の夜の動物園」の様子

写真を拡大 地図を拡大

 上野動物園(台東区上野公園、TEL 03-3828-5171)は8月11日から、開園時間を20時まで延長する「真夏の夜の動物園」を開催する。

 普段は見ることのできない日没後の動物や動物園の様子が楽しめる同イベント。期間中には毎日さまざまなイベントが実施され、例年2万5000人以上が夜間に来園する。

 今年は恒例のビアガーデンのほか、ゾウをはじめとする各動物の飼育員が餌を与えて解説を行うイベントなどを実施する。特に目玉となるのが11日に行われるキリンの運動場に入ることができるイベントや、11日と14日に行われる「のぞいてみよう!動物園の台所」など。教育普及課の井内さんは「台所公開は、例年少人数の参加者に限定したツアー形式で行っていたものの、好評を博していることから、開催時間中いつでも入ることができるように変更した」と話す。

 1946(昭和21)年から1949(昭和24)年まで上野動物園にあった映画館「かもしか座」をモチーフに「藤棚シアター『かもしか座』」も展開。「終戦直後で、猛獣がいなかったころに、当園には動物の映画を見せる映画館があった。今回は、野外に設置したスクリーンで昭和30年代から40年代の上野動物園の貴重な映像を公開する予定」と井内さん。

 ジャイアントパンダは19時45分まで展示時間を延長。「普段、夜は眠っていることも多いが、餌を食べている様子を観察することができる可能性もある」という。期間中の8月16日にリーリーが7歳の誕生日を迎えることから、「リーリーのお誕生日ケーキをデザインしよう」「リーリーへお誕生日のメッセージを書こう!」などのイベントも開催される。

 期間中の開園時間は9時30分~20時(入園は19時まで)。月曜休園。入園料は一般600円ほか。今月16日まで。

グローバルフォトニュース