天気予報

32

26

みん経トピックス

日暮里の紙の雑貨店が刷新全国火付け役、上野食べ歩き

千駄木にパンケーキカフェ「オハナ」-子連れ客に考慮も、街の若返り狙う

  • 0
千駄木にパンケーキカフェ「オハナ」-子連れ客に考慮も、街の若返り狙う

一押しメニューのOHANA'sスペシャルパンケーキ

写真を拡大 地図を拡大

 千駄木駅近く・不忍通り沿いに9月7日、パンケーキカフェ「OHANA(オハナ)」(文京区千駄木2、TEL 03-5842-1262)がオープンした。

フルーツをふんだんに使ったOHANA’sスペシャルパンケーキ

 ハワイ語で家族を意味するOHANAを店名にしたのは、ハワイが大好きな家族で経営しているからだという。「ここ数年、よその土地から転居してきたり、お店を出したりする人が増えて、街が若返ってきたのはとても良いことだと思う。もともとお年寄りの多い下町で、若いママなどが気軽に通えるお店があまりなかったので、ママたちの居場所になることをコンセプトにカフェを始めた」(店主)という。店舗の入り口はベビーカーでも入りやすい大きな引き戸で、洗面所にはベビーベッドを用意する。

 「一押しのメニューは『OHANA’sスペシャルパンケーキ』(1,200円)」といい、スイーツメニューのほか、アボカドシュリンプパンケーキやメキシカンチリパンケーキ(以上900円)などのフードメニューも用意する。「パンケーキをメーンにしたのは、今話題性があるし、私自身がもともと好きだったから。レシピにはかなりこだわっていて、生地は独自に調合している。バターミルクをたっぷり入れているのが特徴」と店主。

 客層は、主婦などの女性をはじめ、お年寄りから男性一人客まで幅広いという。店主は「思っていた以上に皆さん来てくれる。気取らずに入れる下町のパンケーキ屋さんという雰囲気がいいのかもしれない。自分たちよがりにならずに、地元の方たちの声を聞きながら、進化していきたい。街の若返りにも貢献したい」と意気込む。

 営業時間は11時~17時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

東京国立博物館で初の「アイデアソン」 外国人の記憶に残る文化体験をテーマに 2日目に行われたトークショーの様子。(左から)進行の佐藤尚之さん、審査員のサッシャさん、橋本麻里さん、暦本純一さん、松本伸行副館長。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング