天気予報

29

24

みん経トピックス

根津にジョージママのバー幼稚園勤務から美容師へ

上野公園で恒例「動物イルミネーション」-本年度で終了の可能性も

  • 0
上野公園で恒例「動物イルミネーション」-本年度で終了の可能性も

上野公園入り口に設置されているイルミネーション「恋人たちの森」

写真を拡大 地図を拡大

 上野観光連盟(台東区上野2)は11月23日より、京成電鉄中央口近くの上野公園入り口付近で動物イルミネーション「恋人たちの森」を展開している。

 上野を代表するパンダをはじめ、ペンギンやクマ、サル、ゴリラなどの動物をモチーフにした同イルミネーション。昨年は2個だったハート型のイルミネーションを今年は5つに増やした。「毎年カップルのデートスポットとして利用いただいている。今年は『恋人』のテーマをより強めるためにハートの数を増やした」と同連盟事務総長の茅野雅弘さん。

 イルミネーションとしての機能だけでなく「上野公園内のランドマークとして待ち合わせ場所にも利用されている」と茅野さん。「公園内は暗がりが多いため、イルミネーションがあることが来園者の安心にもつながっている。防犯の役割も果たしているのではないか」とも。

 「以前は動物をモチーフにしたイルミネーションのみを行っていたものの、3年前より『恋人たちの森』としてテーマ性を強めると、たちまち評判がよくなった」と茅野さん。しかし、台東区の財政難を理由に、本年度をもって助成金の打ち切りが決まっている。「来年以降も継続していきたいが、詳しい予定は分からない」と口を濁す。

 点灯時間は17時~22時。来年ゴールデンウイークごろまで。

グローバルフォトニュース