天気予報

32

24

みん経トピックス

歌川広重の「月の松」復活谷中のドーナツ店FC離脱

谷中に猫ミュージアム「にゃにゃもあん」-40年集めた個人コレクションを公開

  • 0
谷中に猫ミュージアム「にゃにゃもあん」-40年集めた個人コレクションを公開

ぬいぐるみや陶器などの猫グッズが並ぶ部屋で、オーナーの鈴木潤子さん

写真を拡大 地図を拡大

 根津の言問通り近くに猫グッズを集めたミュージアム「猫々魚庵(にゃにゃもあん)」(文京区根津2、TEL 03-5832-9212)がオープンして3カ月が過ぎた。

和風のアイテムが並ぶ2階の一室

 オーナーの鈴木潤子さんが40年かけて集めてきた猫グッズを、間取り3Kの一軒家にくまなく展示している。「昔は犬好きだったが、40年前に雨の中、凍えていた子猫を保護して飼うようになってから猫好きになり、ずっと猫グッズを集めてきた。以前から猫の写真を撮りに谷中へ通っていて、猫ミュージアムを開くなら谷根千がいいと思った」と鈴木さん。

 ぬいぐるみ、陶器の置物、猫関連の書籍、アクセサリー、帯、生活用品、近所の小学生が作った工作など幅広いアイテムをそろえる同館。「一軒家で展示したいと思ったのは、キッチングッズはキッチンに、バスグッズは風呂場に飾りたかったからというのもある。このミュージアムを開くにあたり、引っ越しで1年、準備と展示で1年半かかった。いくつあるかを数えるのは不可能。住居兼用だと誤解される方が多く、来場される方は数の多さに驚かれる。ここで展示しているのはコレクション全体の4分の1程度。季節ごとに展示品を入れ替えていく」という。

「これまで段ボールにしまってきた猫グッズたちに、やっと空気を吸わせてあげられた。長く猫のボランティアをやってきたが、体調を崩してしまい自分では頻繁に通えなくなった。入場料のうち100円は猫基金に寄付するので、今後はそうした形で貢献してきたい。今後は1階を、猫グッズを作る作家さんたちの展示スペースとしても活用していきたい。多くの猫好きに楽しんでもらえれば」と意気込む。

 開館時間は11時30分~17時。入場料は、一般=600円、シニア・小学生=300円。未就学の子どもの入場は不可。月曜・火曜・水曜定休。

グローバルフォトニュース