天気予報

20

11

みん経トピックス

上野の洋食店が2周年御徒町に予約困難ワインバル

谷中銀座に焼き菓子店「招き屋」-招き猫の形をしたたい焼き提供

谷中銀座に焼き菓子店「招き屋」-招き猫の形をしたたい焼き提供

北見けんいちさんによるキャラクター「福にゃん」の看板前で店長の岡野光延さん

写真を拡大 地図を拡大

 谷中銀座に12月12日、焼き菓子店「招き屋」(台東区谷中3、TEL 03-5834-8139)がオープンした。

招き猫の形をしたたい焼き

 招き猫の形をしたたい焼き「福にゃん焼き」を販売する同店。福にゃんは、漫画「釣りバカ日誌」原画作者の北見けんいちさんが描いたもの。「オーナーが北見さんと知り合いで、谷中は猫の街として知られているので猫をモチーフにしたキャラクターを描いてほしいとお願いしたところ、福にゃんが生まれた。このかわいいキャラクターをかたどった焼き菓子を提供したいと考え出店した」と店長の岡野光延さん。

 食材やメニュー開発にもこだわったという。「餡(あん)は十勝産のものを北海道から直送している。生地にきな粉を練り込み、水の代わりに豆腐を使った白玉を入れた『さっくりきなこ 手作りとうふ白玉入り』が看板メニュー。サクッとした皮の食感を味わってもらうため、これだけは常温で提供している。食感を保つため、水分の抜けやすい専用の袋に入れている」と話す。

 味は「さっくりきなこ」のほか、十勝あん、抹茶あん、くりーむチーズピザ、Wナッツチョコを用意する。価格は150~200円。

 利用客が同店を後にする際、スタッフ全員が「いいことありますように」と声を掛ける。「おいしくてわくわくするものを提供することで、お客さまに幸せを与えられる店にしていきたい。招き猫は右手を上げていると金運、左手を上げていると人を招くといわれている。自分が運を招きたい方を表にして食べると、金運や良縁に恵まれるかも。今後は季節限定メニューの提供も考えている。地域や商店街に愛される存在になりたい」と意気込む。

 営業時間は11時~18時(土曜・日曜・祝日は18時30分まで)。月曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

東京国立博物館で初の「アイデアソン」 外国人の記憶に残る文化体験をテーマに 2日目に行われたトークショーの様子。(左から)進行の佐藤尚之さん、審査員のサッシャさん、橋本麻里さん、暦本純一さん、松本伸行副館長。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング