天気予報

15

10

みん経トピックス

湯島に「二木のパン」日暮里富士坂で路上写真展

台東区役所地下食堂がリニューアル-辛口「パンダカレー」話題に

  • 0
台東区役所地下食堂がリニューアル-辛口「パンダカレー」話題に

台東区役所地下の食堂「チカショク」が1日限定5食で提供する「パンダカレー」

写真を拡大 地図を拡大

 昨年9月にリニューアルした台東区役所地下の職員食堂「チカショク さくら」(台東区東上野4、TEL 03-5828-7338)で、パンダメニューが話題を集めている。

パンダ店長と清水主任

 老朽化していた内装とメニューを一新。台東区役所に勤務する職員だけでなく、周辺企業に務めるサラリーマンや区役所を訪れた区民などに利用されている。店舗面積は57坪で、席数は110席。1日の350人余りが利用している。

 同食堂では通常の定食メニューのみならず、ご当地メニューも積極的に開発。多国籍なアメ横をイメージし、タイの調味料などを加えた「アメ横カレー」(430円)や、韓国人が多く住む東上野2丁目にあやかりキムチをのせた「東上野2丁目焼き牛DON」(460円)、下町風しょうゆ味の「かっぱ橋らあめん」(390円)なども提供している。

 中でも、話題を集めているのが、1日5食限定で提供する、パンダをモチーフとした辛口の「パンダカレー」(500円)。黒ごまペーストを使い、ライス部分をパンダの顔に見立てる。同店主任の清水達也さんは「パンダが暮らす四川省をイメージし、トウバンジャンを加えている。昨年パンダの赤ちゃんが誕生した際には、甘口の『子パンダカレー』の提供も考えていたが、惜しくも亡くなってしまったことでメニュー化には至らなかった」と話す。

 11月から提供していた「パンダラーメン」は12月14日で終了した。ゆで卵、シイタケ、チャーシューを使ってパンダの顔を表現していたものの、「ビジュアルの完成度がやや至らなかったため、いったん終了した」と清水さん。「いずれ完成度を高めた上でリニューアルする予定」と意気込む。

 リニューアルと同時に「パンダ店長」によるブログも運営し、積極的に情報発信を行っている。「区役所の地下に食堂があることを知らない方も多く、存在は知っていても一般の方が入ることができることが認知されていないこともある。周辺に格安の飲食店も多く、『早い』『安い』だけでは成立しない。情報発信も積極的に行いながら、味へのこだわりと価格、スピードの両立を心掛けている」と話す。

 営業時間は11時~15時。土曜・日曜・祝日定休。

グローバルフォトニュース