天気予報

22

19

みん経トピックス

合格祈願代行サイト依頼増加谷中の和栗店のV向け菓子

谷中のギャラリーで「地元のイイモノ展!」-自転車15分圏内の地元作家6人

  • 0
谷中のギャラリーで「地元のイイモノ展!」-自転車15分圏内の地元作家6人

「アートギャルリ谷中ふらここ」で開催する「地元のイイモノ展!」のフライヤー

写真を拡大 地図を拡大

 谷中の雑貨店・ギャラリー「アートギャルリ谷中ふらここ」(台東区谷中3、TEL 03-5815-8071)で2月9日から、地元作家だけの作品を集めたグループ展「地元のイイモノ展!」が開催される。

 同展について「開店から2年半の間にさまざまなイベントや展示を開催し、多くの地元の作家さんと知り合った。『地元という小さな世界には、いまだ見知らぬ風景があり、いまだ見知らぬ人がいる』をコンセプトに、小さな世界で再発見ができるような展示会をしたいと思い企画した」と店主の海津智子さん。

 同店から自転車で15分圏内に暮らすという6人の作家は、アニメーション作家の塚原重義さん、辻恭平さん、漫画やイラスト、映像も手掛ける宵町めめさん、ガラス作家の吹きガラスドロップさん、羊毛フェルト作家のnattu;nさん、型彫り職人のたかおさん。「塚原さんと宵町さん、辻さんの作品は、当店2階の生活感あふれる空間の中に、映像やイラストが紛れ込んでいるという展示方法。座って見るのとは違う形で、小さなアパートに潜り込んだ気分になると思う。吹きガラスドロップさんは、心が和むかわいらしいガラス作品を、nattu;nさんは羊毛フェルト雑貨を展示する。染め物に使う型を彫るたかおさんは、実演も予定している」と海津さん。

 「この辺りは東京芸大が近く、芸工展やコメディー映画祭、演劇祭など、芸術系イベントも多い街なので、アーティストや職人など、さまざまな方が暮らしている。日本の『イイモノ』を発信していくと同時に、こういう地元にこだわるイベントを定期的に開催していきたい。まずは地元の人々に知ってもらい、地元の人々で応援し、地元から日本に、ひいては世界に発信していけたら」と展望を語る。

 開催日は2月9日~11日、16日~17日。開催時間は12時~18時。9日と16日には型彫りの実演も行う。

グローバルフォトニュース