天気予報

30

20

みん経トピックス

谷中の「旅ベーグル」5周年木造アパートを複合施設に

東京都美術館で「ダ・ヴィンチ展」-油彩画「音楽家の肖像」日本初公開

  • 0
東京都美術館で「ダ・ヴィンチ展」-油彩画「音楽家の肖像」日本初公開

アンプロジアーナ図書館が所蔵する、「岩窟の聖母」模写

写真を拡大 地図を拡大

 上野公園・東京都美術館(台東区上野公園、TEL 03-3823-6921)で現在、「レオナルド・ダ・ヴィンチ展-天才の肖像」が開催されている。

 世界で十数点しか現存していないレオナルド・ダ・ヴィンチの油彩画の一つである「音楽家の肖像」を中心に、110点余りの素描や手稿などを紹介する。ダ・ヴィンチ作品のほか、レオナルデスキと呼ばれる、ダ・ヴィンチ作品に影響を受けた画家たちの作品も展示する。

 ダ・ヴィンチ作品を収蔵するイタリア・ミラノの「アンプロジアーナ図書館・絵画館」の協力によって実現した同展。2010年から3年の準備期間を経て開催に至った。副館長のピエール・フランチェスコ・フマガッリさんは「当館では西洋文化のみならず、東洋文化の研究も積極的に行ってきた。本展覧会が日本とイタリアの文化交流に貢献できれば」と期待を寄せる。

 日本初公開となる「音楽家の肖像」は1485年ごろ、ダ・ヴィンチが音楽家の友人である聖歌隊指揮者を描いた代表作。このほかに「アトランティコ手稿」と呼ばれる、ダ・ヴィンチのスケッチ22点も展示する。「芸術家としてだけにとどまらない、ダ・ヴィンチの幅広い探究心が分かるのでは」と同館学芸員の小林明子さん。手稿にはデッサンや絵画論だけでなく、飛行装置や可動橋の設計図なども描かれている。

 ラファエロ、ミケランジェロと共にルネサンス美術の3大巨匠の一人として数えられるレオナルド・ダ・ヴィンチ。現在、国立西洋美術館(台東区上野公園)では「ラファエロ展」が開催されているほか、9月からは同じく国立西洋美術館で「ミケランジェロ展」が予定されており、2013年中に上野公園で三大巨匠の作品を楽しめることとなる。

 開館時間は9時30分~17時30分(金曜は20時まで)。月曜休館。観覧料金は、一般=1,500円、学生=1,300円、高校生=800円、65歳以上=1,000円、中学生以下無料。 6月30日まで。

グローバルフォトニュース