天気予報

32

26

みん経トピックス

入谷の画廊で蜜ろう展自転車店が木造酒屋跡に移転

谷中にカフェ&バー「谷中バール」-自家製ポテトサラダが人気

  • 0
谷中にカフェ&バー「谷中バール」-自家製ポテトサラダが人気

「谷中バール」のオーナー大山哲哉さんと鈴木不二男さん

写真を拡大 地図を拡大

 谷中の言問通り沿いのカフェ&バー「谷中バール」(台東区谷中1、TEL 03-5834-8897)がオープンして3カ月が過ぎた。

コンビーフのポテトサラダ

 バールとはイタリア語で、カフェや食堂、居酒屋を兼ねた営業スタイルを指す。同店代表の鈴木不二男さんは「バールは出勤前にエスプレッソを飲み、仕事の合間のランチやおやつに来て、仕事後に1杯引っ掛けて、いったん帰宅後に着替えて夕食を食べいくというように、朝から晩まで利用される営業スタイル。コミュニティーとしても機能していて、そういう場所にしたいという思いから店名を『谷中バール』とした」と話す。

 調理は鈴木さんと共同経営者の大山哲哉さんの2人で務める。メニューはイタリアンからぬか漬けまで、和洋さまざまなものを提供する。「その時期に旬な食材に応じてメニューを変えている。特に人気が高いのは『コンビーフのポテトサラダ』(400円)。旬な品種のジャガイモを使い分け、マヨネーズは自家製で、ジャガイモに合わせて味を調整している。コンビーフも自家製。また、『そん時のサラダ』(500円)は、二度と同じサラダを作らないという挑戦をしていて、注文が入るたびに具材やドレッシングを変えている。お客さんの好き嫌いや出身地による味の傾向といったニーズに合わせたアレンジをすることもある」

 店舗面積は16坪、座席数は22席。2階にはソファ席とテラスを用意する。「この店はお客さんとの距離感が近いのが楽しい。おいしいって言ってもらえたり、意外な食材の組み合わせに驚いてもらえたりするのがうれしい」と鈴木さん。「お客さんは若い方から60代くらいの方まで幅広い。最近建った高層マンションも近いので、昔から暮らしている地元の方と谷中エリアが好きでよそから引っ越してきた方の両方が来られる。この店が双方の方々をつなぐコミュニティーとなれれば」とも。

 営業時間は15時~翌2時(日曜・祝日は22時まで)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

東京国立博物館で初の「アイデアソン」 外国人の記憶に残る文化体験をテーマに 2日目に行われたトークショーの様子。(左から)進行の佐藤尚之さん、審査員のサッシャさん、橋本麻里さん、暦本純一さん、松本伸行副館長。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング