天気予報

27

16

みん経トピックス

上野駅ナカで富山県特集着物店内に「タリーズ」

銀座線上野駅に外国人観光客向け案内ボード-英・中・韓3カ国語で表示

  • 0
銀座線上野駅に外国人観光客向け案内ボード-英・中・韓3カ国語で表示

銀座線・上野駅に設置されたウエルカムボード

写真を拡大 地図を拡大

 東京メトロ銀座線・上野駅(台東区上野7)の改札口近くに11月30日、外国人客向けの路線案内コーナー「ウエルカムボード」が設置された。

 東京観光に訪れる外国人のために設置された同ボード。東京都内の観光名所への行き方や地下鉄の乗車方法の案内、ガイドマップの配布や主要駅までの所要時間、運賃などを表示する。言語は英語、中国語、韓国語。

 日本政府観光局によれば、訪日外国人旅行者数は2013年に1000万人を突破し、10年前のおよそ2倍になっている。「外国人のお客さまへのサービス拡充を目指して調査を開始したところ、地下鉄の乗車方法や案内などのハウツー部分と、『ようこそ』というメッセージの不足という2点が課題として挙がった」と東京メトロ広報担当。ボードには日・英・中・韓4カ国語で「ようこそ東京へ」という文字が書かれている。

 現在、銀座線上野駅と丸ノ内線新宿駅に設置している。同社広報担当は「外国人利用者が多く、設置スペースの確保が容易だったことから、この2駅に試験的に設置している。反響が良ければ順次拡大していく可能性もある」と話す。「駅のラックに設置しているよりも案内マップを手に取る人の数が多く、『できればすべての駅にウエルカムボードを置いてほしい』という利用者の声もある」とも。

グローバルフォトニュース