天気予報

23

15

みん経トピックス

日暮里の「にゃっぽり」活躍ゆるキャラ「はっぴい」

松坂屋上野店の「屋上遊園地」が閉園-85年の歴史に幕

  • 0
松坂屋上野店の「屋上遊園地」が閉園-85年の歴史に幕

閉園した松坂屋上野店の「屋上遊園地」。最終営業日は懐かしむ客らでにぎわった。

写真を拡大 地図を拡大

 松坂屋上野店(台東区上野3、TEL 03-3832-1111)南館の屋上にある「屋上遊園」が3月11日で閉園し、約85年の歴史に幕を閉じた。

 1929(昭和4)年に開園した同遊園地だが、「屋上遊園の歴史は大正時代ごろから。当時は本館屋上に遊具を設置していた程度だった」(同店広報担当者)という。1957(昭和32)年には南館が建設され、その屋上に移動。1993年頃には「加藤工業」(大阪府)に業務を委託し運営していた。

 最終営業日は屋上遊園地を懐かしむ親子連れや仕事帰りの客、学生らでごった返した。7年ほど前に店長に就任した斎藤さんは「お客さまと積極的にコミュニケーションを取ることが大事」と掲げ営業を続け、最終日には斎藤さんや他スタッフに会いに多くの常連客が訪れていた。当日訪れていた運営会社である加藤工業の加藤克彦社長は、その光景を見て、「斎藤が今までやってきたことがよく分かった。よくやった」と称賛し、「長く居座ると悲しくなる」と涙を浮かべながら話していた。

 斎藤さんは「閉園は正直寂しい。東京にこんなイカした非現実的な場所があったことを忘れないでほしい」と締めくくった。

 南館は2017年に向けてパルコやTOHOシネマズ、オフィスなどが入居する複合ビルに建て替えられるが、屋上遊園地の再開の予定はない。

グローバルフォトニュース