天気予報

32

24

みん経トピックス

上野でものづくりイベント上野に犬のしつけ教室

上野の森美術館で「木梨憲武展」-20年間の集大成328点を展示

  • 0
上野の森美術館で「木梨憲武展」-20年間の集大成328点を展示

上野の森美術館で展覧会を行う木梨憲武さん

写真を拡大 地図を拡大

 上野公園・上野の森美術館(台東区上野公園、TEL 03-3833-4191)で現在、タレントの木梨憲武さんによる展覧会「木梨憲武展×20years INSPIRATION-瞬間の好奇心」が開催されている。

 バラエティー番組「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」の企画で絵画を制作したことで、20年前に創作活動を始めた木梨さん。これまでに7回の個展を開き、アトリエも構えるなど精力的に活動している。フランスで開催されている美術展「アンデパンダン展」にも出品した経験も持つ。

 同展で展示する作品は、絵画、ドローイング、オブジェ、映像など328点。手をモチーフにした「REACH OUT」シリーズ、花をモチーフにした「Flower」シリーズなどのほか、絵画を描くきっかけとなった1994年制作の「セーヌ川」、高さ3メートルにもなる木製のオブジェ「heavenly bird -天国の鳥」などを出品する。

 同展について、「52歳ですが、新人のつもりになって、色と線で表現していきたい」と意気込みを語る木梨さん。開催にあたっては、妻で女優の安田成美さんも協力し「設営の際には朝から晩まで手伝ってもらい、一部のレイアウトも決めてもらった。総合プロデューサーですね」というエピソードも披露する。来場者に対しては「20年間の活動が反映されており、テレビでいえば総集編のようなもの。上野の緑が気持ちいい季節なので、買い物がてら、ぜひのぞきに来てほしい」と来場を呼び掛ける。

 開館時間は10時~17時。入館料は、一般・大学生=1,300円、中高生=700円。6月8日まで。

グローバルフォトニュース