天気予報

20

13

みん経トピックス

落語芸人集う「圓朝まつり」歩道橋にかわいい「ヤモリ」

「風神雷神」BE@RBRICK-東京国立博物館で販売開始

  • 0
「風神雷神」BE@RBRICK-東京国立博物館で販売開始

高さ7cm、1箱に2体(風神と雷神)入り、対象年齢15歳以上
BE@RBRICK TM & © 2001-2008 MEDICOM TOY CORPORATION. All rights reserved.

写真を拡大 地図を拡大

 東京国立博物館・平成館(台東区上野公園)で開催中の企画展「対決-巨匠たちの日本美術」で期間限定展示されている重要文化財「尾形光琳 風神雷神図屏風」をモチーフにした「尾形光琳 風神雷神BE@RBRICK」が8月13日から販売される。

 同商品のモチーフとなった尾形光琳作の「風神雷神図屏風」は、俵屋宗達の最高傑作である同題作品を光琳が忠実に模写したものといわれる。両端の際に位置づけられた風神・雷神が、画面全体の緊張感を高める「絶妙の構図」と称される宗達の原画に比べ、光琳の作品は風神・雷神の位置を中央に寄せて構図の安定を図り、対になる2体の神を鮮やかな原色で表すことで造形感覚の違いを示している。同作品は今月17日まで、宗達作の「風神雷神図屏風」とともに期間限定展示されている。

 今回発売される商品は、同光琳作品中に描かれている「風神」と「雷神」をモチーフに、同博物館のオリジナルミュージアムグッズとしてリリースするもの。商品名は「尾形光琳 風神雷神BE@RBRICK」、限定数は2,700箱。風神と雷神のBE@RBRICKが各1体ずつ、計2体がセットになったBOX仕様(1セット=3,000円)での販売となる。重要文化財に指定されている同光琳作品を、現代的なベア型のベースに写しこんで立体化した同商品は「日本画」の風合いを残しながら、ベアブリックが持ち合わせるポップさを損なわない「絶妙な仕上がり」になっている。その個性的な風貌から、ベアブリックファンを中心に発売前から話題を集めているという。

 展示中の重要文化財と現代的なアイテムとのコラボレート商品の企画・発売という、新たなビジョンでの試みは「『展覧と絡めて何か面白いものを』という構想を長く練っていた結果、生まれたもの」(同博物館担当者)だという。13時の販売開始時刻を前に整理券の配布開始時刻を10時に定めた理由として、「『ベアブリック』というアイテムへの興味から来館した人にも、商品を手に取る前にモチーフになっている作品をぜひ見てほしい」(同)ことを挙げている。「作品とベアブリックを見くらべることで、作品の魅力を新たに発見できるようなものを作りたいという思いから、絵画史専門の研究員とともに(商品へ)細かな注文をつけた。手にとって隅々まで見ていただきたい商品」とも。

 同商品の購入には、発売当日の10時より同博物館西門で配布される整理券と、平常展観覧券(一般=600円)または特別展「対決-巨匠たちの日本美術」観覧券(一般=1,500円)が必要。13時から同館内・東洋館のエントランスに「特設ミュージアムショップ」を設けて販売を開始、購入限定数は1人につき5箱までとなっている。追加販売について、現時点では未定。リリースがある場合は同館のホームページなどで告知する。

日本美術を代表する巨匠たちが「対決」-東京国立博物館で(上野経済新聞)限定「BE@RBRICK チョロQ」-モチーフはホラー映画のキャラクター(上野経済新聞)渋谷パルコで「メディコム・トイ」新作展-千秋さんデザイン「ベアブリック」も(シブヤ経済新聞)東京国立博物館

グローバルフォトニュース