天気予報

27

16

みん経トピックス

上野で「大アマゾン展」入谷にコミュニティー空間

根津にケーキ店「ル・クシネ」-裕福でない子どもにも届く本格フランス菓子を

  • 0
根津にケーキ店「ル・クシネ」-裕福でない子どもにも届く本格フランス菓子を

ル・クシネのケーキ(350円~)

写真を拡大 地図を拡大

 根津の藍染大通り沿いにケーキ店「ル・クシネ」(文京区根津2)がオープンして3カ月が過ぎた。

 パティシエの鈴木孝治さんが経営するゲストハウス「OLD TOWN HOUSE 根津」の1階に開いた同店。鈴木さんは「30歳までパティシエとして働いていたが、すごく仕事がハードな業界で、朝から晩まで働いて休みもあまりなかった。もともと学生時代はバックパッカーをするなど、いろいろな人に会うのが好きな性分なので、誰かに会う時間もない生活は自分の社会が狭まっていくように感じた。そこで、さまざまな人がやってくる旅館を経営して、そこでケーキ店をやればいいのではないかと考えた」と開店のきっかけを話す。

 同店の開店までは、8年の歳月を要した。「旅館は規制が厳しく都内で新たに開業するのは難しかったので、まず浅草と上野でゲストハウスを始めた。それらは賃貸物件でケーキ店のための改装はできなかったが、資金や信頼を重ねることで、この場所を購入することができた。ゲストハウスも含め内装を自分たちでやったので時間はかかったが、やっと目指した形でお店を開店できた」と鈴木さん。

 フランス菓子をベースとしたケーキは350円から。「どれも材料からこだわっていて、中でもガトーショコラは、自分がお客さんだったら絶対に買うというものを作った」と自信を見せる。近所のカフェ「ボン・ファイヤー」(文京区根津2)の利用者は、同店のケーキを購入して店内で食べることもできる。

 プリンは150円と特に安価になっており、さらにガラス容器を返却すると10円が戻る。「私自身が子どものころ裕福ではなく、好きなケーキをめったに食べることができなかった。プリンは、同じような境遇の子どもでも本当においしいものを食べてもらえるように、利益抜きの価格にしている」と話す。「ケーキは食べることで幸せになれるものだから、どれも手頃な価格にすることで、無理のない範囲で日々買ってもらえるようにしたかった」とも。

 「今後さらに個性を出したケーキを提供していきたい。もっと店が知られるようになり、裕福ではない子どもにも伝わって、うちのケーキを食べてもらえたら」と展望を語る。

 営業時間は11時~19時。金曜~日曜のみ営業。

グローバルフォトニュース