天気予報

32

17

みん経トピックス

上野東照宮で御朱印ラリー谷中で尺八演奏会

上野公園で「春のプロレス祭り」 大日本プロレスのGW恒例興行

  • 0
上野公園で「春のプロレス祭り」 大日本プロレスのGW恒例興行

リング上ではデスマッチなどを繰り広げる大日本プロレスの「”黒天使”沼澤邪鬼」選手

写真を拡大 地図を拡大

 上野恩賜公園野外ステージ(台東区池之端3)で4月30日~5月2日、大日本プロレスによる興行「大日本・春のプロレス祭り『BJW YOU&000』」が開催される。

 同団体はここ数年、ゴールデンウイークに同会場での興行を行っている。そのきっかけについて「”黒天使”沼澤邪鬼(こくてんし ぬまざわじゃき)」選手は「上野観光連盟さんに声を掛けていただき、2011年8月に『うえの夏まつり』に参加したところ、会場の雰囲気や上野に集まる人の多様さなどに魅了された。それ以降、毎年5月と8月に開催している。通常のプロレス会場はリングの四方にお客さんがいるが、ここはシアター形式で一方向にしかいないので、そちら側を意識して試合をしている」と話す。

 プロレスファンはもちろん、家族連れや老若男女と客層は幅広い。「上野公園を歩いていたら、たまたまプロレスをやっていて、安かったから入ったという方も多い。入場料金を安く設定しているので、気軽に入れるプロレス会場として定着していけたら」とも。

 今回の見どころについては、「上野での興行で恒例のキャラクター『ラ☆パンダ』が参戦するほか、30日には新人選手のデビュー戦も行う。ステージ前にある池にも注目してほしい。大日本プロレスは、ストロングスタイルのプロレスあり、過激なデスマッチもあり、楽しいスタイルもありで、多くの人が楽しめるプロレス団体。ぜひ見に来てほしい」と呼び掛ける。

 各日とも13時~と18時30分(5月2日のみ17時30分)~の2部構成。入場料は、大人=1,000円(2部は2,000円)、中高生=500円(同1,000円)、中高生ワンデーパス=1,000円、小学生以下は無料。

グローバルフォトニュース