天気予報

26

19

みん経トピックス

画廊が「ツノパンダ」開発ツリー下に手作りぬいぐるみ

谷中に旅館「hanare」 築50年のアパートをリノベーション

  • 0
谷中に旅館「hanare」 築50年のアパートをリノベーション

「HAGISO」がオープンする旅館「hanare」の客室

写真を拡大 地図を拡大

 谷中に11月14日、旅館「hanare(はなれ)」(台東区谷中3、TEL 03-5834-7301)がオープンする。

 同旅館は、木造アパートを改装した文化複合施設「HAGISO」がプロデュース。HAGISOから徒歩1分ほどの場所に位置する築50年のアパート「丸越荘」をリノベーションした。客室は2人部屋4室、3人部屋1室で、シャンプーなどのアメニティーから風呂敷まで、オリジナルでデザインした小物を用意する。これらは部屋にある重箱に収められ、重ねた重箱はテーブルとして利用する。

 一級建築士でHAGISO代表の宮崎晃吉さんは「HAGISOの近くで空き家になっていた丸越荘に、以前から構想していた旅館の可能性を感じた。大家さんを調べて手紙を書いたところ、面白いのでぜひやりましょうと言ってもらえた」という。「古い造りだが、その時代の美しさがそこかしこに見えてくるような建物。リノベーションは、大工さんと興味を持ってくれたボランティアの方々と一緒に行った。床が傾いていたので、畳を敷く床の高さを30センチ上げて水平を取った。天井は瓦などを下ろし、ベニヤ板の上に断熱材や鉄板を重ねることで軽量化し、断熱性も高くした。もともとあった梁(はり)はそのまま残している」とも。

 「hanareには、街全体を大きな一つのホテルと見立てるというコンセプトがある。宿泊客はまずHAGISOの2階にあるレセプションでチェックインし、朝食もHAGISO 1階のカフェで提供する。宿泊料金には銭湯チケット代が含まれており、ホテルの大浴場が近所の銭湯、ホテル自慢のレストランは街のおいしい飲食店、お土産屋さんは商店街や雑貨屋さんという考え。街のお稽古場で三味線や尺八などの文化的な体験をしたり、レンタサイクルをしたりすることもできる。たくさんある街の魅力を伝え、豊かな体験をしてもらいたい」と宮崎さん。「街中ですれ違う人にはあいさつをしましょうとか、あまり路地の奥まで入って民家をジロジロ見ないなど、街のマナーもレクチャーしていく」とも。

 「国内外の観光客の方はもちろん、地元の方々にもゲストルームとしてぜひ活用していただきたい」と宮崎さん。宿泊料金は1人1泊8,000円~。チェックインは15時~、チェックアウトは11時まで。

グローバルフォトニュース