天気予報

26

18

みん経トピックス

上野の老舗台湾料理店再開上経年間1位は谷中ビール

千駄木に製本ができるカフェ 雑貨作りやスクラップなどへの利用も提案

  • 0
千駄木に製本ができるカフェ 雑貨作りやスクラップなどへの利用も提案

製本機の横に立つ「Coffee&Bindery Gigi」代表の澤村祐介さん

写真を拡大 地図を拡大

 千駄木駅から徒歩約5分ほどの場所にあるカフェ「Coffee&Bindery Gigi(コーヒー&バインダリ ジジ)」(文京区千駄木2、TEL 03-5834-8926)が11月、製本サービスを始めた。

 同店は8月1日にカフェとしてオープン。並行してクラウドファンディングを行い製本機材購入費など100万円の支援を募ってきた。その結果、目標額を越える約111万円が集まり、製本機を導入。代表の澤村祐介さんは製本カフェ構想のきっかけについて、「東京芸術大学の講師を務めていて印刷について教えている。その一環として印刷したものを製本して形にするが、学生の発想するものがすごく面白い。これだけ面白いことができるのに、大学の設備は一般開放されていないのがもったいないと感じた。カフェのような場所で、誰もが気軽に製本機を使える機会があるといいと考えた」と話す。「もともと飲食業に興味があり、学生時代はずっと飲食店でアルバイトをしていた。特にコーヒーにはこだわりがあり、ここでは自家焙煎(ばいせん)したものを提供している。人が集まる場所の会話からは、本作りに限らず創作のアイデアにつながることも多い」とも。コーヒー500円~(テークアウトは350円~)、フードメニュー600円~。

 店舗1階はカフェになっており、2階が製本機と電動裁断機が置かれた製本作業スペース。「本にする紙や表紙を用意してきてもらえれば1冊から本を作ることができる。製本機の使い方は簡単で、紙をセットしてボタンを押すだけ。電動裁断機も、手動のものより簡単にきれいに紙をカットすることができる」という。「スケジュール帳やメモ帳などの雑貨を作ることもできるし、旅の思い出をまとめるなど、新しいスクラップの形としても提案したい。製本を一つの技法として、本作り以外にも利用していただけたら」と澤村さん。設備利用料金はワンドリンク付きで1,000円。くるみ製本・天のり製本=1冊100円、中とじ=同10円。

 営業時間は、月曜=19時~23時。木曜~土曜=11時~23時。日曜=11時~19時。火曜・水曜定休。

グローバルフォトニュース