天気予報

19

12

みん経トピックス

上野公園でパンダ音楽祭谷中に日本酒バー

上野「とん八亭」、ミシュランガイド東京2016に初掲載

  • 0
上野「とん八亭」、ミシュランガイド東京2016に初掲載

とん八亭3代目の細川秀巳さん

写真を拡大 地図を拡大

 銀座線上野広小路駅近く・上野松坂屋前の「たぬき小路」にあるとんかつ店「とん八亭」(台東区上野4、TEL 03-3831-4209)が「ミシュランガイド東京2016」に掲載され、話題を集めている。

ミシュランに選ばれたとん八亭のとんかつ

 2015年12月4日に発売された同書で、星の評価はつかないものの、コストパフォーマンスが高く、上質な料理を提供する店「ビブグルマン」として認定された同店。1947(昭和22)年に創業し、3代目の細川秀巳さんと奥さんの2人で営む。店舗面積は8坪。席数はテーブル10席、カウンター6席の計16席。1日約50食を販売する。

 「何度かお店にミシュランの人が訪れていたみたいだが、ある日突然『実は私、ミシュランです』と告げられた。評価されたということは、素直にうれしい」と細川さん。「ミシュランで評価されたロースかつは、油が多いバラ先と赤身が一枚で楽しめる一品。柔らかさを出すために肉を叩いたり、脂身部分に隠し包丁を入れたりするなどの工夫を凝らしている。パン粉に水を含ませ衣のサクサク感も出している」と話す。

 メニューは、「ロースかつ定食」(1,700円)、「ヒレかつ定食」(2,000円)、「一口かつ定食」(1,200円)など。ランチには「かつライス」(800円)も提供する。細川さんは「最初の2切れを塩、その次にとんかつソース、最後の一切れをウースターソースで食べるのがおすすめ。ただ、とんかつにケチャップをかけるお客さんもいるし、おいしいと思う食べ方をしてくれればいい」とも。

 営業時間は、平日は11時30分~14時30分・17時~20時、土曜・日曜・祝日は11時30分~15時。月曜定休(祝日の場合は翌日定休)。

グローバルフォトニュース