天気予報

23

15

みん経トピックス

根津で谷根千コレクション上野ポケモンゴーでにぎわう

上野の「マザーハウス」10周年 3カ国からものづくりの職人集結、体験イベントも

  • 0
上野の「マザーハウス」10周年 3カ国からものづくりの職人集結、体験イベントも

マザーハウス10周年の「サンクスイベント2016」フライヤー

写真を拡大 地図を拡大

 バングラデシュやネパールの自社工場で製作したバッグやストールの販売などを手掛ける「マザーハウス」(台東区台東2、TEL03-4455-7407)が8月17日から、「サンクスイベント2016」を開催する。

 同イベントは同社が毎年8月に行っている「お客さま感謝イベント」。会場は、マザーハウス本店を中心に「ものづくり館 by YKK」など近隣3カ所で開催する。

 10周年となる今年は、バングラデシュ、ネパール、インドネシアという、同社のすべての生産地から職人が来日。「お客さまに直接感謝をお伝えする大規模なイベントで、かつ地元の方にも参加していただきたい催し。トークからものづくりのライブまでたくさんのコンテンツをご用意し、過去最大のお祭りでお客さまをお迎えする」と同社チーフブランディングマネジャーの伊藤さん。

 主なイベントは、トークイベント「3つの国の職人が語るモノづくりの向こう側」、ものづくりの白熱した現場を体感する「デザイナー×職人モノづくりライブ」(ともに代表兼チーフデザイナーの山口絵理子さん参加)、パスケースやコーヒースリーブなどの制作を体験できる「モノづくり体験イベント」など。

 社長の山口絵理子さんは「メーカーである私たちがイベントを行う理由は、お客さまに商品の裏側のストーリーをもっとお伝えしたいと考えているから」と話す。「マザーハウスの商品をお持ちの方もお持ちでない方もお楽しみいただける」とも。

 事前申込制。同社ウェブサイトなどで受け付ける。8月21日まで。

グローバルフォトニュース