天気予報

20

11

みん経トピックス

谷中で猫作家の手仕事展谷中の老舗割烹が刷新

上野にネパール人シェフのアジア料理店 各国料理をリーズナブルに提供

上野にネパール人シェフのアジア料理店 各国料理をリーズナブルに提供

「ニューブッダ」のラマ・バブラムさん

写真を拡大 地図を拡大

 JR上野駅近くにアジア料理店「ニューブッダ」(台東区東上野2、TEL 03-3834-7067)がオープンして3カ月がたった。席数は31席。

 ネパールの首都カトマンズ出身のラマ・バブラムさんがシェフを務める同店は9月14日にオープン。ネパールで12年に渡り、ネパール、インド、中華、コンチネンタルと幅広く料理を学んできたバブラムさん。5年暮らす日本でタイ料理を学び、店を構えた。

 メニューはタイ、インド、インドネシア、ネパールなどのアジア料理全般。ネパール料理は、ギョーザ「モモ」、スパイシーな串焼き料理「ポークセクワ」、ネパールヌードルを使った「ネパールラーメン」。タイ料理はパパイアとエビのサラダ「ソムタム」、蒸し鶏のせごはん「カオマンガイ」、タイ東北の伝統料理「ガイヤーン」はローストしたチキンを10分ほど揚げて出す。ほかにもインドネシア風チャーハン「ナシゴレン」や焼きそば「ミーゴレン」など、店ではアジア圏のさまざまな料理を安価に提供する。バブラムさんは「2軒目をオープンできるほど人気が出れば」と期待を込める。

 主なメニューは、モモ(600円)、チキンセクワ(750円)、ネパールラーメン(790円)など。ランチメニューは上野セット(950円)、チキンカレーセット(700円)、ニューブッダスペシャルセット、ジャスミンセット(各1,050円)、日替わりタイランチは880円。

 営業時間は11時~15時、17時~23時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

東京国立博物館で初の「アイデアソン」 外国人の記憶に残る文化体験をテーマに 2日目に行われたトークショーの様子。(左から)進行の佐藤尚之さん、審査員のサッシャさん、橋本麻里さん、暦本純一さん、松本伸行副館長。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング