天気予報

32

26

みん経トピックス

谷中の老舗和菓子店に春の味横尾忠則さん新作展

新橋の人気店、ラーメンライス「味噌屋せいべえ」が御徒町で再出店

  • 0
新橋の人気店、ラーメンライス「味噌屋せいべえ」が御徒町で再出店

新橋から御徒町へ移転し再出店した「味噌屋せいべえ本店」

写真を拡大 地図を拡大

 花研(豊島区)が展開する、ラーメンライス専門店「味噌屋せいべえ本店」(台東区上野4、TEL 03-3834-3555)が3月23日、御徒町に新店舗をオープンした。同店は、2005年に新橋に店舗を構えて営業を続けていたが、今月7日に入居ビルの建て替えに伴い撤退。やむなく馴染みの街を離れ、新橋本店時と同じメンバーで新天地でのオープンを迎えた。

 開店初日、同店は定番メニュー「みそらーめん」を10円で提供するという、200杯限定のオープニングイベントを行った。事前に13時からの販売と告知していたが、10時45分ごろには早々と客が姿を見せ始め、開店時間前には長蛇の列に。イベント開始から約2時間後の15時15分には完売した。

 新店では、「口に運んだ人の記憶に残る」をコンセプトに作られた、濃厚な味噌スープベースの「ぶたみそラーメン」(900円)、「辛ねぎみそラーメン」(800円)、御徒町に店舗を移してからの新メニューとして生まれた「ぶたみそSP(スペシャル)」(980円)を柱に営業する。同店の創業理念「満腹=満足」を基に、ラーメンを注文すれば「ライス」は無料、お代わりも自由という破格のサービスは新橋時代と変わらず継続する。席数は、1階=カウンター14席、2階=テーブル32席。

 同社の営業本部長を務める野口さんは「新橋から離れた後も、たくさんの人が集まってきてくれるような場所を探して御徒町に出店を決めた。オープニングイベントが成功出来たのは、告知の時点から回りの商店街の皆さんの協力があったから。今後も街と仲良く、腰を据えて営業していきたい」と話す。

 営業時間は11時~翌5時。

株式会社花研ラーメンライス「味噌屋せいべえ新橋本店」閉店、御徒町へ移転(新橋経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

東京国立博物館で初の「アイデアソン」 外国人の記憶に残る文化体験をテーマに 2日目に行われたトークショーの様子。(左から)進行の佐藤尚之さん、審査員のサッシャさん、橋本麻里さん、暦本純一さん、松本伸行副館長。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング