天気予報

27

16

みん経トピックス

撮り鉄・乗り鉄向けサービス芋専門店に新サツマイモ入荷

上野ヤマシロヤで「フモフモさん」展-全国からファン集う

  • 0
上野ヤマシロヤで「フモフモさん」展-全国からファン集う

「フモフモさん展4」に遊びに来た「すもも」。ゆうまさんがハロウィーン向けに自作した衣装を着たフモフモさんを両手に。

写真を拡大 地図を拡大

 玩具・フィギュアの企画・販売などを手がけるヤマシロヤ(台東区上野6、TEL 03-3831-2320)は現在、7階催事場で「フモフモさん展4」を開催している。

 フモフモさんは、ふわふわもこもこしたものが好きな「雲の上に住む未確認生物」という設定のキャラクターで、シナダ(台東区4)がぬいぐるみを中心に展開している。

 同展は4回目で、「同キャラクターを使った展示は珍しい」(同店)という。今年のテーマは「全員集合」。「同キャラクター商品は再販がほとんどなく、今では入手困難な商品をかき集めて展示・販売を行っている」と同店キャラクター担当の小桜さん。「同商品に付属しているタグのファンも多いため、歴代のタグ約100種の展示も行っている」(同店)という。

 販売はぬいぐるみ中心で、ストラップ、ネックピロー、フリースなど約70点。ぬいぐるみはMサイズ(714円~)、Lサイズ(1,260円~)、LLサイズ(6,090円~)で、素材や衣装によって価格が異なる。フモフモさん専用洗剤「フモフモさんのふもふもタイム」(1,029円)や、同社限定ぬいぐるみ「こっこ」(Lサイズ=1,029円)も併せて販売。

 「いつの間にか子どももフモフモさん好きになっていた」という「ゆうまさん」(ハンドルネーム)は、同展の2回目から参加しており、今回は子ども連れで参加した。毎回参加している理由について、「フモフモさん好きが集まるオフ会のようで楽しい」と話す。ゆうまさんはじめ、ハロウィーンに合わせて自作した衣装を着せたフモフモさん持参客は、訪れた多くの来客から撮影されていた。

 「今回も名古屋、静岡からなどの全国から訪れてくれるお客さんが多くてうれしい。フモフモさんファンが気軽に集まれるイベントにしていきたい。来年も開催したい」と小桜さん。

 営業時間は、土曜・日曜=10時~20時、平日=12時~18時。入場無料。11月3日まで。

グローバルフォトニュース