天気予報

27

16

みん経トピックス

ジュエリー店、下着とコラボたこ焼き開店6日連続完売に

上野のホルモン焼き肉店が改装-調理追いつかずキッチンスペース拡大

  • 0
上野のホルモン焼き肉店が改装-調理追いつかずキッチンスペース拡大

「炭焼き・ホルモン 宝や 上野店」で人気の「氷結ホッピーセット」。焼酎は凍らせてシャーベット状にして提供されるため、薄まらず楽しめるという。

写真を拡大 地図を拡大

 上野ガード下のホルモン焼き肉店「炭焼き・ホルモン 宝や 上野店」(台東区上野6、TEL 03-5816-8929)が5月15日、リニューアルオープンした。

 同店は浦和に本店を持つ老舗ホルモン焼き店「宝や」の3店舗目のフランチャイズ店で、今年2月に開店した。メーンのホルモンだけでなく、「ターゲットとしている客層は幅広く設定しており、ホルモンが苦手な人のためにカルビやロースも用意している」と同店の高田さん。店舗面積は約15坪で、席数は50席。

 開店から3カ月余りでリニューアルに踏み切ったのは、「開店以来、あまりの繁盛ぶりに調理が追い付かず、キッチンスペースを広げることになったため」と高田さん。「改装後は順調に営業できるようになった」(同)とも。

 提供するメニューは、看板メニューの「極みテッチャン(牛特上大腸)」(830円)、「ハチノ巣(牛の第二胃袋)」(500円)や「ウルテ(牛の喉軟骨)」(490円)などで、味付けはしょうゆ、みそ、塩の3種類から選ぶ。

 ドリンクメニューの中でも「人気が高く、上野ではほかにないはず」(同)というドリンクメニューは「氷結ホッピー」(420円)。通常のホッピーは氷と焼酎の入ったジョッキにホッピーを合わせて提供するが、同店では焼酎を冷凍庫でシャーベット状に凍らせたものに、ホッピーを合わせるスタイルをとる。「氷を使わないので薄まらず、パンチの効いたホッピーが楽しめる」(同)。

 フランチャイズ店の中で唯一12時から店を開いている同店。今後について、高田さんは「肉の質にこだわるのはもちろん、昼から飲める上野というイメージをつくり定着してきたい」と話す。

 営業時間は12時~24時。

グローバルフォトニュース