天気予報

27

16

みん経トピックス

上野名物パンダそうめん上野で女性作家展・ガールズ

御徒町に韓国料理店「とん豚テジ」-直営4号店、セントラルキッチン兼ねる

  • 0
御徒町に韓国料理店「とん豚テジ」-直営4号店、セントラルキッチン兼ねる

とん豚テジ看板メニューの「カンナ三段バラ」(1人前1,480円)。肉を巻くサンチュやソース、トッピングに使うキムチなどが付く。

写真を拡大 地図を拡大

 都営大江戸線新御徒町駅近くに8月27日、韓国料理店「とん豚テジ」(台東区台東4、TEL 03-3834-9211)がオープンした。

 同店の運営はトントンフーズ(新宿区)。2005年6月に新宿歌舞伎町に直営1号店を開店しその後、直営3店舗、FC1店舗を展開。新御徒町店は直営4店舗目となる。店舗面積は55坪で、席数は80席。

 韓国の焼肉専用鉄板付きの客席で韓国人スタッフがこまめに調理を行う接客が特徴の同店。看板メニューは「カンナ三段バラ」(1人前1,480円)で、豚肉に特製のマスタードソースなどのソースを付けて食べたり、サンチュやえごまの葉、行者ニンニクなどで包んで食べたりする。肉と一緒に鉄板に置かれるキムチは「1年間熟成させた秘伝のキムチで、そのままで食べると酸っぱい。焼くと甘みが増し健康効果がある」(店員のスーさん)という。

 そのほか、厚切り豚肉の「花三段バラ」(1,300円)、「海鮮チヂミ」(850円)や「トッポキ」(850円)などの定番韓国料理を80品以上提供。ドリンクメニューは、「野いちごマッコリ」(590円)をはじめ50種以上を用意する。

 御徒町への出店について、同社の崔淵淑社長は「倉庫があるビルの1階に開店した。倉庫に近い場所で店を開くことで、輸送費などのコスト削減ができることと、セントラルキッチンとして機能させることで、他店舗はアルバイトでも調理可能な体制を実現できることにメリットがある」と話す。「お客さまとスタッフがコミュニケーションをとることで、スタッフも楽しんで仕事をしてもらえる。スタッフが働くやりがいを追求できる店を目指したい」とも。

 営業時間は11時30分~23時30分。

グローバルフォトニュース