天気予報

27

16

みん経トピックス

東京国立博物館で土偶展上野公園でジャワ舞踏の夕べ

写真家HASHIさんがとらえた「ローマ未来の原風景」展-国立西洋美術館

  • 0
写真家HASHIさんがとらえた「ローマ未来の原風景」展-国立西洋美術館

作品タイトル(英/日併記)、年代(建立年/撮影年/ハシグラフィー制作年)、
Colosseum II, Rome 「コロッセオ II、ローマ」 70 - 81 AD / 2008 / 2009 ©HASHI 2009

写真を拡大 地図を拡大

 国立西洋美術館(台東区上野公園内)で9月19日から、写真家・橋村奉臣さんの作品展「ローマ未来の原風景 by HASHI」が開催される。

ハシグラフィで表現されたネプチューン像

 同展はニューヨークを拠点に活動している写真家・HASHIさんこと橋村奉臣さんによるもので、ローマをテーマにした作品約50点を展示する。展示する作品の被写体は、コロッセオ、ネプチューン像、真実の口などの遺跡や、バスを待つ老紳士、コロッセオの若いカップルなどの人などローマに関連するもの。

HASHIさんの作品は、超高速ストロボを用いて10万分の1秒とも100万分の1秒とも言われる超高速の光でとらえた「Action Still Life(アクションスティルライフ」と呼ばれる作品や、写真と絵画を融合させた「HASHIGRAPHY(ハシグラフィー)」と呼ばれる作風が特徴。

 開館時間は9時30分~17時30分(金曜は20時まで)。入館料は、一般=420円、大学生=130円、高校生以下無料。月曜休館。12月13日まで。

グローバルフォトニュース