天気予報

32

17

みん経トピックス

谷根千エリアで「芸工展」貸し切りできる店を一括検索

無用の建築物「トマソン」公募写真展-谷根千4店舗で開催

  • 0
無用の建築物「トマソン」公募写真展-谷根千4店舗で開催

写真展「ト、トマソン谷根千」で展示されている作品。過去に存在していた家が取り壊されてしまったためにペンキの塗っていない面が露になってしまったと考えられる。

写真を拡大 地図を拡大

 10月10日から開催されている「芸工展」の一環として、谷根千エリアの複数の店舗で公募写真展「ト、トマソン谷根千」が開催されている。

 「トマソン」とは、前衛芸術家の赤瀬川原平さんが著書「超芸術トマソン」で提唱した「不動産に付着して美しく保存された無用の長物」という芸術作品。「上った先に何もない階段」や「ふさがれてしまった門」などのシュールな建築を「トマソン」と呼び、80年代に雑誌などを中心にブームとなった。

 写真展では「トマソン」を撮影した写真を全国各地から公募。全国の「トマソン」建築の写真を一堂に集め、審査の上各賞を決定する。主催する「不思議(はてな)」の披岸さんは「地域型の展示イベントにしたいと考え、谷根千工房さんや水族館劇場の中原蒼二さんなど谷根千地域にかかわりの深い方々に審査をお願いした。賞についても「団子坂賞」や「三崎坂賞」など谷根千地域の坂名を冠した賞を用意した」と話す。

 応募作品は「不思議(はてな)」(文京区千駄木2、TEL 03-3828-3856)、「間間間」(台東区谷中5)、「古道具豆子室」(谷中3)、「cauzt cafe蒼い月」(谷中2、TEL 03-5430-0637)の4店舗で展示を行う。

 今月25日まで。

グローバルフォトニュース