天気予報

30

22

みん経トピックス

谷中の道具店が開店3カ月根津でNGOネパールセール

千駄木の古道具店で「痕跡本」テーマに企画展&ツアー、GW企画で

  • 0
千駄木の古道具店で「痕跡本」テーマに企画展&ツアー、GW企画で

飲食店との偶然の出会いを提供する「谷根千おしょくじ」のチラシ。

写真を拡大 地図を拡大

 千駄木のへび道入口にある古道具・古書店「不思議(はてな)」(文京区千駄木2、TEL 03-3828-3856)で、ゴールデンウィークに向けて「痕跡本てなに?ツアー&企画展」と「谷根千おしょくじ」の2つのイベントが開催される。

  「痕跡本てなに?ツアー&企画展」では、愛知県犬山市の古書店「五つ葉文庫」店主の古沢さんを迎え、「痕跡本」と呼ばれる、前の所有者の書き込みが残る古本を展示する。併せて、谷根千地域で同時期に行われている一箱古本市を巡るツアーも開催。「不思議」店主の披岸さんは「1ページごとに感想が書かれていたり、関連するチラシが張り付けられていたりと、前の所有者の息づかいを感じられるのが痕跡本の魅力。書き込みから前の人がその本をどのように解釈したかも想像でき、普通の本とは違った視点で読むことができる」と話す。開催期間は、企画展=4月24日~5月9日、ツアー=5月2日。ツアーのみ要予約で、参加費500円が必要。

 「谷根千おしょくじ」は、参加者がおみくじを引くと、その番号を割り当てられた飲食店を紹介してくれるイベントで、アーティストの三宅航太郎さんが地域活性アートプロジェクトで始めた企画。参加者が知らなかった飲食店との偶然の出会いを提供する同イベントは、墨田区向島、横浜市野毛に続き、谷根千が3地域目の開催となる。披岸さんは「このイベントのために谷根千地域の40以上の飲食店から協力を得られた。これまで知らなかった店と出会うきっかけとなってもらえれば」と話す。4月29日と5月2日のみ開催。参加無料。

グローバルフォトニュース