天気予報

20

14

みん経トピックス

谷中の寺で「幽霊画展」谷中で怪奇テーマに作品展

上野動物園で「夜の動物園」-開演時間延長、ビアガーデンも出現

上野動物園で「夜の動物園」-開演時間延長、ビアガーデンも出現

20時まで開園時間を延長する「夜の動物園」。

写真を拡大 地図を拡大

 上野動物園(台東区上野公園9、TEL 03-3828-5171)は8月10日から、開園時間を20時まで延長する「真夏の夜の動物園」を開催する。

 ビアガーデンやコンサート、飼育員によるトークショーなど、7日間の開催期間中、100以上のイベントを日替わりで開催するほか、一部を除き通常の開園時間通りに動物たちの展示も行う。

 同園教育普及課の井内さんは「2001年から時間延長の試みは行われており、2003年から『夜の動物園』の名称で開催している。昨年は1万6,000人以上のお客さまがイベント開催期間に来園した」と話す。「猛暑の影響で毎年8月は入園者が減少する。夜の涼しい時間帯の動物園を満喫してほしい」とも。

 終戦記念日の15日19時~、童話「かわいそうなぞう」のおはなし会を今年初めて開催する。戦時中の1943(昭和18)年、猛獣処分令によって殺処分されたゾウと飼育員の苦悩を描いたこの童話。この企画について井内さんは「戦時中に上野動物園で実際に行われた話であり、あまりに生々しすぎたことから、これまで上野動物園で朗読が行われることがなかった。しかし、世界中で戦争の犠牲になっている動物は多く、人間の活動によって苦しめられている動物も多い。上野動物園で朗読を行うことに意味があると考え企画した」と話す。

 「夜の動物園」は8月16日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

東京国立博物館で初の「アイデアソン」 外国人の記憶に残る文化体験をテーマに 2日目に行われたトークショーの様子。(左から)進行の佐藤尚之さん、審査員のサッシャさん、橋本麻里さん、暦本純一さん、松本伸行副館長。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング