天気予報

19

12

みん経トピックス

蔵前にカフェレストラン上野のパンダグッズ多彩に

東上野で都築響一さん写真展-タイの地獄テーマパークの写真一堂に

  • 0
東上野で都築響一さん写真展-タイの地獄テーマパークの写真一堂に

Wat Pha Lak Loi, 2006 ワット・パーラックローイ

写真を拡大 地図を拡大

 東上野のアートギャラリー&レコードショップ「Galeria de Muerte(ガレリア デ ムエルテ)」(台東区東上野3、TEL 03-3835-8278)で現在、都築響一さんの展覧会「HELL」が開催されている。

都築響一さんの展覧会「HELL」の様子

 都築さんは1956(昭和31)年東京生まれ。70年代よりフリーランスの編集者として「POPEYE」「BRUTUS」などのカルチャー誌で活躍し、現在に至るまで現代美術、建築、写真、デザインなど多岐にわたる分野での編集・執筆活動を続ける。

 1997年には日本各地に散在する秘宝館や村おこし施設などの珍スポットを追った写真ルポタージュ集「ROADSIDE JAPAN 珍日本紀行」で第23回木村伊兵衛写真賞を受賞。近年では2001年横浜トリエンナーレへの参加や、2010年広島市現代美術館「HEAVEN 社会の窓から見たニッポン」など、美術作家としても国内外で活躍している。

 同展では昨年10月に出版された「HELL 地獄の歩き方<タイランド編>」で扱ったタイの寺院に広がる地獄のテーマパークの写真50点を展示。販売も行う。併せて、都築さんのプライベートコレクションであるタイのレコードも陳列する。

 営業時間は13時~19時。水曜・日曜定休。今月28日まで。神田岩本町にあるギャラリースペース「ZENSHI」(千代田区)との共同開催。

グローバルフォトニュース