天気予報

30

22

みん経トピックス

上野のパンダグッズ多彩に御徒町で職人によるイベント

上野動物園のGW来園者が33万人超-パンダ見学待ちのピークは4時間30分

  • 0
上野動物園のGW来園者が33万人超-パンダ見学待ちのピークは4時間30分

寝っ転がるジャイアントパンダの「シンシン」

写真を拡大 地図を拡大

 上野動物園(台東区上野公園、TEL 03-3828-5171)のゴールデンウイーク期間中(4月29日~5月8日)の来園者が33万3,000人を記録した。

 4月1日のジャイアントパンダ公開から初めての大型連休を迎えた同園。連日好天に恵まれたこともあり、観光で地方から訪れた家族連れなどでにぎわいを見せた。特に来園者が多かったのは、無料開園日となる5月4日。この日、ジャイアントパンダ見学の待ち時間は4時間30分に及び、来園者は8万3,944人とパンダ公開以来最高の来園者を記録した。

 同園教育普及課の井内さんは「ゴールデンウイーク期間中の33万3,000人という数字は、当園としては平年とほぼ変わらない。しかし、今年は園内全体が混みのではなく、パンダ舎周辺が局地的に混雑しており、他の動物については例年に比較してゆったりとご覧いただけた」と振り返る。

 4月中の月間来園者数は60万7,000人となり、例年30~40万人程度となる4月の入園者の2倍となった。「60万人という来園者は仙台・八木山動物園や、札幌・円山動物園など、地方の動物園の年間入園者とほぼ同程度」と井内さん。「来園者が行列に並びながらもニホンザルやゾウなどの動物を観察できるように来園者を誘導する仕組みを改善している」とも。

 開園時間は9時30分~17時(入園は16時まで)。

グローバルフォトニュース