天気予報

32

24

みん経トピックス

上野に放射能測定2号店入谷で街歩きイベント

上野の居酒屋街、ボーナス支給も売り上げ横ばい-高級店へ流れる?

  • 0
上野の居酒屋街、ボーナス支給も売り上げ横ばい-高級店へ流れる?

丸井裏のモツ焼き店「大統領」の様子

写真を拡大 地図を拡大

 官公庁や企業などでボーナスが支給された12月9日以降、立ち飲み店や大衆酒場が集積する上野・マルイ裏の居酒屋街では客数が横ばいの店が多い。

 JRのガード下に店を構え、上野を代表する老舗もつ焼き店として知られている「大統領」(台東区上野6、TEL 03-3832-5622)では「ボーナスの支給時期は、客数が普段よりやや減少する」という。「普段からお客さまに足を運んでいただいている当店では、給料日やボーナスの支給時期は客数が減少する。ボーナスの時期くらいはより高級な店に足を運ぶのでは」と話す。「クリスマスを過ぎ、年の瀬になると再び忙しくなる」とも。

 一方、サラリーマンやOLなどで連日にぎわいをみせる立ち飲み店「たきおか」(上野6、TEL 03-3833-2777)でも「当店は1人または2人での利用が多く、宴会などでの利用はほとんどない。ボーナスが出たからといって売り上げが変化することはない」と話す。

 今冬のボーナス支給額は、国家公務員の一般行政職で平均61万7,100円、大手企業の平均支給額は76万5,341円(日本経団連調べ)となっている。

グローバルフォトニュース