みん経トピックス

前の新聞へ
次の新聞へ

ヘッドラインニュース

上野松坂屋の屋上遊園、閉園まで32日-複合ビルへ建て替えのため

写真を拡大上野松坂屋の屋上遊園、閉園まで32日-複合ビルへ建て替えのため

 松坂屋上野店(台東区上野3、TEL 03-3832-1111)南館の屋上にある「屋上遊園」が3月11日、閉園を迎える。 床に描かれた客からのメッセージ 全文を読む  同店南館は2017年に向け、パルコやTOHOシネマズなどが入居する複合ビルへ建て替えが決まっており、最終営業日の3月11日に合わせて屋上遊園も閉園となる。新しいビルや本館への移設の予定はない。

 約110坪の敷地に乗り物28台、メダルゲームやクレーンゲーム機、アーケードゲームなど89台が並ぶ。乗り物は200円~、メダルゲームは10円~。休憩用のベンチや滑り台など無料で使えるものも設置されている。

 「松坂屋上野店の屋上遊園の歴史は大正時代ごろから。当時は本館屋上に遊具を設置していた程度だった」(同店広報担当者)。南館が建った1957(昭和32)年以降に南館屋上に移動。1993年頃には「加藤工業」(大阪府)に業務を委託し運営していた。

 店長を務める斎藤睦さんは約7年前から屋上遊園に勤務し始めた。消防法の改正や屋上緑化などが進み次々に閉園する屋上遊園地業界の中、店舗連動型のクーポン配布や屋上イベントなどを開催し売り上げを安定させ、必要性を訴えてきた。「天井が無い空の下で、家族や仲間と遠慮せず大きな声で笑い楽しめる場所はなかなか無いのでは。閉園が決まり寂し気持ちでいっぱい。閉園までにたくさんの人に来てもらいたい」と話す。

 客層はサラリーマンやOL、毎日弁当を持ってくる地元の人、クレーンゲーム機で取ったぬいぐるみを子供たちにプレゼントする「神様」と呼ばれる人までさまざまという。「いろんな人と巡り会えるのがこの仕事の面白いところ。東日本大震災後、泣いて喜んだ家族もいた。やりがいを多く感じる仕事」と斎藤さん。

 東京都内の屋上遊園地は、蒲田の東急プラザが3月2日、上野の松坂屋が3月11日に閉園すると、新宿の京王百貨店のみの営業となる見込み。

 営業時間は9時30分~18時30分(最終営業日は19時30分まで)。

  • twitter
  • 0
    facebook
  • Line

最新ニュース

さらに読み込む

特集

さらに読み込む

アクセスランキング

さらに読み込む

フォトフラッシュ

さらに読み込む